So-net無料ブログ作成

扶餘 2008 [アジアの町紀行]

歴史のはるかなる百済国、その都が置かれた地が扶餘(扶余)である。
私は、そこにゆきたいと、ずっと思っていた。

私の生まれ育った関西は、この百済王国との関係が深い。
大阪市や堺市にはいまも「百済」を名乗る土地がいくつかあり、
小さいころ、住んでいた家の近くを流れる汚れた川も「百済川」といった。
奈良県にも百済にちなんだ寺や村があるそうだ。
百済と大和とは、人物の行き来が盛んだったようである。

660年、百済王国は唐と新羅の連合軍により滅ぼされた。
百済滅亡のあと、多くの百済人が日本に落ち延び、現在の大阪や堺に定住したそうだ。
だから、百済は、私にとっても、ひょっとしたら、遠い故郷かもしれないのだ。

FWbuyeoRG034(1).jpg

宮南池(クンナムジ)の朝


扶餘(扶余)の市街地から10分ほど南に歩くと、この美しい池がある。
傍らに百済の離宮があったそうで、その庭園に造られた、韓国で最初の人造池であったという。
いま、この池の周囲は完全な田園であり、静かな朝の散歩が楽しめる。
しかし、かつて王国の時代には、この池の楼閣で、夜ごと宴会が繰り広げられたのだろうか。

FWbuyeoRG036(1).jpg


FWbuyeoRG041(1).jpg


FWbuyeoRG042(1).jpg


FWbuyeoRG038(1).jpg


扶余市街地の朝。

FWbuyeoRG027(1).jpg


FWbuyeoRG028(1).jpg


FWbuyeoRG043(1).jpg


FWbuyeoRG044(1).jpg


いまの扶余は、ほっとするような小さな町だ。
滅んだ都のあとに、いつしかまた町ができ、そこを私たちは歩くことができるだけだ。
市街地周辺に残された遺跡を除けば、ここがかつての王都であったと感じることはあまりない。
しかし、町の人々の表情や空気にはどことなく余裕があり、
そのストリートには、韓国の田舎町の楽しさがぎゅっと詰まっている。

自分の足だけで、端から端まで、一日でめぐることができる。

FWbuyeoRG005(1).jpg


FWbuyeoRG006(1).jpg


FWbuyeoRG004(1).jpg


FWbuyeoRG009(1).jpg


FWbuyeoRG012(1).jpg


FWbuyeoRG016(1).jpg


FWbuyeoRG014(1).jpg


FWbuyeoRG013(1).jpg


FWbuyeoRG010(1).jpg


FWbuyeoRG015(1).jpg


FWbuyeoRG019(1).jpg


FWbuyeoRG021(1).jpg


FWbuyeoRG020(1).jpg


FWbuyeoRG023(1).jpg


FWbuyeoRG022(1).jpg


FWbuyeoRG024(1).jpg


夕方、扶蘇山(プソサン)にのぼる。
美しい白馬江のほとりに位置するこの山城が、百済最後の王宮だった場所であるという。
南側の斜面からは、いまの扶余の町並みを望むことができ、
一方、北側の斜面は断崖となり、王宮の女性たちは最期のとき、そこから白馬江に身投げしたという。

FWbuyeoRG025(1).jpg

扶蘇山の南斜面から町を望む。


暮れてゆく扶余の町はずれを当てなく歩くと、
この地が刻んできた、悠久の時の流れに思いを馳せることができる。

FWR0013628(1).jpg


FWR0013647(1).jpg


FWR0013644(1).jpg


FWR0013650.jpg

白馬江沿いの食堂では、ウナギが名物。



撮影 2008年12月-2009年1月
本文 2013年6月

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0