So-net無料ブログ作成
検索選択

パリ 2014 (1) シテ島 / マレ [ヨーロッパの町紀行]

写真をライフワークとする者にとって、パリは永遠の憧れの地のひとつである。ウジェーヌ・アジェ、ブラッサイ、アンリ・カルティエ・ブレッソン、ロベール・ドアノーなど、パリに住み、この街とこの街の人々を撮った歴史的な写真家は数多く、パリを撮ることは写真の基本であり、写真の最も重要なジャンルのひとつであるとさえ言われている。なぜそこまで言うのかと、いぶかる向きもあるだろう。しかし、パリを訪れたことのある人なら分かって頂けるはずである、だって、パリだもの、と。そう言うしかないことを・・

私のパリ入りは今回で3度目である。前2回は、パリが主目的の旅ではなかったこともあり、ろくすっぽ時間がとれなかった。今回は、念願かなっての撮影旅行。5日間、名だたる写真家たちを向こうに回し、私もがっつり写真を撮り歩いた。今回から6回に分けて、その記録をご覧いただきたい。

(1)シテ島 / マレ
(2)バスティーユ / サンティエ / モンマルトル
(3)サンジェルマン・デ・プレ / カルチェ・ラタン
(4)モンパルナス / ビュット・オ・カイユ
(5)メニルモンタン
(6)<番外編>パリの駅と電車

FWparisRG058(1).jpg


続きを読む


メッセージを送る