So-net無料ブログ作成
検索選択

パリ 2014 (3) サンジェルマン・デ・プレ / カルチェ・ラタン [ヨーロッパの町紀行]

パリの左岸、それはパリの中でも伝統的に独自の文化的香りを持つエリアである。世間的な既存の価値基準、経済軸、ヒエラルキーからはいい意味で離れた、自由で開放的で、自分自身の価値基準、そしてスタイルをしっかり持っている人が好む地域であるという。その中心は庶民であり学生であり、文化人であり知識人。アナクロニズムとはだいぶ違う。たとえ裕福でなくても、自分を確立して他者と交流し合い、街と人生を謳歌するのが左岸人種なのだ。
今回は、そんな左岸文化を代表するサンジェルマン・デ・プレ界隈と、左岸の精神的シンボルとも言えるソルボンヌ大学を中心としたカルチェ・ラタン周辺をまずは歩いてみた。

FWparisRG499(2).jpg

・シェルシュ・ミディ通りからサンジェルマン・デプレへ

FWparisRG322(1).jpg


FWparisRG324(1).jpg

シェルシュ・ミディ通りは近年脚光を浴びつつある小さな通り。
洗練された雰囲気のショップやレストランが並ぶ。


FWparisRG325(1).jpg


FWparisRG329(2).jpg


FWparisRG330(2).jpg


FWparisRG332(1).jpg


FWparisRG333(1).jpg


FWparisRG334(2).jpg

小粋なサンジェルマン・デプレ界隈。


FWparisRG338(1).jpg


FWparisRG339(1).jpg


FWparisRG340(1).jpg


FWparisRG341(1).jpg

フュルステンベルク広場。パリの一番ささやかな「広場」である。


FWparisRG344(1).jpg


FWparisRG342(1).jpg


FWparisRG345(1).jpg


FWparisRG346(1).jpg


FWparisRG349(2).jpg

サンジェルマン・デプレを代表する通りのひとつ、ビュシ通り。
カフェやバーがところ狭しと並び、賑やかだ。


FWparisRG350(1).jpg


FWparisRG367(2).jpg

サンジェルマン大通り。



・ロアン小路からコルメス・サンタンドレ小路へ

賑やかなサンジェルマン大通り、オデオン駅のすぐ北側の裏道に、このひそやかなパリの中庭がある。中世以来、ルーアン大司教の館があった場所ということだが、いくつかの古びた洋館の中庭がアーチ形のトンネルを通じて結びついており、その中庭から中庭へ、そっと抜けてゆくのはまさに、古きよきパリの息遣いをこっそりと聞くかのような、蠱惑的な瞬間であった。

FWparisRG351(1).jpg

裏側のジャルディネ通りから、ロアン小路に入っていく。


FWparisRG352(1).jpg


FWparisRG353(1).jpg


FWparisRG356(2).jpg


FWparisRG359(1).jpg


FWparisRG355(1).jpg


FWparisRG357(1).jpg


FWparisRG363(4).jpg

階段の下、携帯電話で話す男性がまた絵になる。


FWparisRG365(1).jpg

コルメス・サンタンドレ小路よりロアン小路への入り口を見たところ。


FWR0027970(1).jpg

これまた古めかしい、コルメス・サンタンドレ小路。
パリ最古のカフェがここにあるという。


FWR0027973(1).jpg


FWR0027976(1).jpg

サンジェルマン大通りから見た、コルメス・サンタンドレ小路の入り口。


FWR0027969(1).jpg


・サン・シュルピス通り

サン・シュルピス通りはその名のとおりサン・シュルピス教会のたもとを走る通り。バスで通りかかったときに、界隈の洗練された表情に魅了され、やおら降車ボタンを押して降りてしまった。

FWparisRG474(1).jpg


FWparisRG475(1).jpg


FWparisRG478(1).jpg


FWparisRG480(1).jpg


FWparisRG481(1).jpg


FWparisRG485(1).jpg


FWparisRG486(1).jpg

向こう正面がサン・シュルピス教会。


FWparisRG487(1).jpg


FWparisRG488(1).jpg


FWparisRG490(1).jpg


FWparisRG491(1).jpg


FWparisRG489(1).jpg


FWparisRG494(1).jpg


FWparisRG506(1).jpg


FWparisRG495(1).jpg


FWparisRG497(1).jpg


FWparisRG499(2).jpg


FWparisRG501(1).jpg


FWparisRG505(2).jpg


FWparisRG500(1).jpg

シャレオツなハゲ親父が絵になるのもパリならでは。


・サンジェルマン・デ・プレのメトロ駅

サンジェルマンはメトロのプラットフォームもおしゃれ。左岸ゆかりの文学者や哲学者らの著作からの引用文が、あちらこちらに映し出されている。

FWR0029115(1).jpg


FWR0029124(2).jpg


FWR0029125(1).jpg



・カルチェ・ラタン

ソルボンヌ大学のおひざ元、カルチェ・ラタンまで来るとサンジェルマンの洗練は薄れてくる。しかしここには学生街、下町の気安さと、のびやかな闊達さと、そしてどことなく無頼派的なデカダンスがある。しかも、このあたりはパリがローマ人よりルテティアと呼ばれていた頃から存在する、パリの最も古い街区でもある。

FWparisRG402(2).jpg


FWparisRG399(1).jpg


FWparisRG401(2).jpg


FWR0028077(1).jpg


FWparisRG389(1).jpg


FWR0027977(2).jpg

パリのレンタサイクルシステム「ヴェリブ」のステーション。


FWparisRG390(1).jpg

丘をのぼってゆくと、サンテティエンヌ・デュ・モン教会がある。


FWparisRG394(1).jpg

ひっそりした教会の裏道。


FWparisRG393(1).jpg


FWparisRG392(2).jpg


FWparisRG397(1).jpg

再び丘を降りてゆくと、途中に心魅かれる店構えのレストランを見つけた。


FWR0028021(2).jpg

レストラン「ル・クープ・シュー」
ここでランチに入っても、いいかな


FWR0028006(1).jpg


FWR0027999(1).jpg

トイレへ向かう通路です


FWR0028002(1).jpg

入り口付近にはバーカウンターが。


FWR0028020(1).jpg

とっても素敵なお店でした!


なお、このレストラン「ル・クープ・シュー」、あんまり居心地良く美味しかったので、帰国して調べたところ、過去には司馬遼太郎と須田剋太の「街道をゆく」コンビや、なんとビートルズ(!)の来店もあったというから驚いた。そんな名店なのに、しがない日本人の一見客さえに優しくしっかりもてなしてくれたマダムに、心から感謝する。


・ムフタール通りとその周辺

ムフタール通りは、カルチェ・ラタンから南へ続く賑やかな商店街。パリっ子には「ラ・ムッフ」と呼ばれ親しまれているそうだ。北側一帯はカフェやバーが並んで若者達でごった返しているが、南に向かうとゆるやかにうねった坂道となり、通りの両側には生鮮食料品店や雑貨店が並んで買い物かごのオバサン達多く、どこか東京の板橋仲宿の商店街を思い出させる気安さだ。

FWparisRG597(2).jpg


FWR0028352(2).jpg


FWR0028354(2).jpg


FWR0028358(2).jpg

もちろん観光客にも大人気。


FWR0028357(1).jpg

パリの魚屋はセンスが違う。


FWR0028369(1).jpg

横道にもずらりとカフェが並ぶ。


FWR0028371(1).jpg


FWR0028372(3).jpg


FWR0028375(3).jpg


FWparisRG599(1).jpg


FWR0028365(2).jpg


FWR0028367(2).jpg


北側のバー密集地に入って来た。若者たちがそぞろ歩く。

FWR0028362(2).jpg


FWR0028429(1).jpg


FWR0028430(1).jpg


FWR0028433(1).jpg


FWR0028438(1).jpg


FWR0028439(1).jpg


FWR0028440(2).jpg


FWR0028442(1).jpg


FWR0028444(1).jpg


FWR0028446(1).jpg


FWR0028448(1).jpg


FWR0028459(1).jpg


FWR0028461(1).jpg

ラ・ムッフの北端近くにある老舗ワインバー「LES PIPOS」
今夜はここで撃沈。。


FWR0028470(1).jpg


FWR0028471(1).jpg


FWR0028472(1).jpg


FWR0028478(1).jpg

一人でちびちびとやっていたところ、右側のフランス人グループが
「一緒にどう?」と誘ってくれた。ノルマンディーからの観光客ファミリーで
娘さん(残念ながらこのときは不在)が東京へ留学を予定しているとかで
会話はお互いカタコトながらも、大いに盛り上がった。
楽しい夜だった。


・クリュニー・ラ・ソルボンヌのメトロ駅

FWR0028040(1).jpg

ここも天井を見上げると面白い。


FWR0028045(1).jpg


FWR0028047(1).jpg

一人で電車を待つ女の子が絵になって、気になる。。


FWR0028051(2).jpg

ソルボンヌの駅には哲学者が住みついている


FWR0028044(1).jpg


撮影:2014年5月
本文:2016年4月












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る