So-net無料ブログ作成

日生 2015 [日本の町散歩(中国・四国)]

日本全国を見ても、駅の目の前がすくに海であるというロケーションは、意外に少ない。だが、JR赤穂線の列車に乗っていると、突如として視界が開け、きらめく瀬戸内の海に躍り出て停車する駅がある。それが「日生」と書いて「ひなせ」と読む、この駅である。瀬戸内でも最も東に位置する地域となり、観光地として著名なわけでは決してないが、鹿久居島をはじめ瀬戸内海に浮かぶ日生諸島へ渡ることができるほか、小豆島への大型フェリーの発着もある。最近では名産の牡蠣がたっぷり入った「カキオコ」が食せるお好み焼き屋が多く集まることでも知られ、春はアナゴにサワラ、夏はエビと、食通をも魅了する漁師町なのだ。瀬戸内の海のかがやきと、ジューシーな「カキオコ」の匂いに誘われて、私もふらりと列車を降りてみた。

FWhinaseRG031(1).jpg




日生駅に赤穂線の下り列車が到着。ここはもう岡山県である。湾をはさんで向こうにある丘の斜面に植生で「ひなせ」の文字が描かれていることが分かるだろうか。ついこれに誘われるように電車を降りてしまう。

FWhinaseRG035(1).jpg


FWhinaseRG016(1).jpg


FWhinaseRG019(1).jpg

潮風が吹き抜けるホーム。


FWhinaseRG013(1).jpg

北側には山が迫る。


FWhinaseRG014(1).jpg


FWhinaseRG021(1).jpg

日生駅正面。


日生駅のすぐ隣に、「サンバース」という観光案内所がある。「日生」を直訳しただけの「サンバース」という名称が、いかにも底抜けでユーモラスだ。日生の街や日生諸島の観光案内を行う施設で、相談カウンターのほか各種パンフレットや観光情報を放映する大型モニターがあり、自由に出入りできるが、今回は、以前(2006年頃)立ち寄ったときに比べて職員の数も減り、やや乱雑で荒れた雰囲気。「かきおこ」人気の高まりとともに、ここを訪れる旅人は増えているのではないかと思うのだが、どうしたことだろうか。2005年まで独立を守ってきた日生町が、備前市に編入されてしまったことと何か関係があるのではないかと考えてしまう。

ともあれ、日生の海は、以前と変わらない穏やかな顔で私を迎えてくれた。

FWhinaseRG026(2).jpg


FWhinaseRG023(1).jpg

駅前港に発着する小豆島へのフェリー。
大きな船に車やバイクがどんどん吸い込まれていく。


FWhinaseRG024(1).jpg

駅前の湾をはさんで、海に突き出すように小高い丘。
「ひなせ」の文字のあるこの丘を楯越山といい、
頂上は瀬戸内海や日生の街を一望できる公園になっている。
また、ふもとには料理旅館等も建っている。


FWhinaseRG025(1).jpg


FWhinaseRG028(1).jpg


FWhinaseRG029(1).jpg


この駅前港のあるあたりは、ビルやマンションもあり、比較的新しい感じのする街並みである。赤穂線の開業、駅前港の開港に伴って新たに栄えてきた地区なのであろう。

だが、国道250号線を西に500mほど歩いてみる。いったん港の風景に別れを告げ、楯越山のふもとをかすめ、その付け根の切りとおしのような部分を抜けると、もうひとつ別の湾と港が眼前に現れる。
こちらが、日生の旧来の港であり市街地であるという。

FWhinaseRG043(1).jpg


FWhinaseRG045(1).jpg


FWhinaseRG050(1).jpg

駅前港と比べていかにも土着の、のんびりとした雰囲気


駅前港には小豆島へ向かう大型フェリーが発着していたが、こちらの日生港のほうには、近隣の日生諸島に向かう小型船が発着する。

FWhinaseRG046(1).jpg


FWhinaseRG047(1).jpg


FWhinaseRG049(1).jpg


FWhinaseRG053(1).jpg

日生の市街地を横断する国道250号線。


FWhinaseRG051(1).jpg


FWhinaseRG056(1).jpg


FWhinaseRG057(2).jpg

国道250号線のすぐ北側を東西に走るささやかなこの通りが、
日生の旧市街のメインストリートのようだ。
小さな個人商店が今もそこここに残り、もちろん「かきおこ」を出すお好み焼き屋もいくつもある。


FWhinaseRG058(1).jpg


FWhinaseRG059(1).jpg


FWhinaseRG060(1).jpg

ちょうどお昼時。
「かきおこ」のお店に、どこからともなく人が集まってくる。


路地に入ってみる。

FWhinaseRG061(1).jpg


FWhinaseRG044(2).jpg


FWhinaseRG063(1).jpg


FWhinaseRG064(1).jpg


FWhinaseRG062(1).jpg


FWhinaseRG066(1).jpg

西に進んだこのあたりは、つい最近までアーケードがあったそうだが
いまは取り払われている。


FWhinaseRG110(1).jpg


FWhinaseRG108(1).jpg


FWhinaseRG109(1).jpg


FWhinaseRG067(1).jpg


FWhinaseRG065(1).jpg


FWhinaseRG068(1).jpg


FWhinaseRG069(1).jpg


FWhinaseRG070(2).jpg


FWhinaseRG072(1).jpg


FWhinaseRG073(1).jpg


FWhinaseRG074(1).jpg


FWhinaseRG077(2).jpg


FWhinaseRG078(1).jpg


FWhinaseRG080(2).jpg


FWhinaseRG081(1).jpg


FWhinaseRG082(1).jpg


FWhinaseRG083(2).jpg


FWhinaseRG084(1).jpg


再び町の中心へ。

FWhinaseRG086(1).jpg


FWhinaseRG098(1).jpg


FWhinaseRG089(1).jpg


FWhinaseRG091(1).jpg


FWhinaseRG097(1).jpg


FWhinaseRG093(1).jpg


FWhinaseRG095(1).jpg


FWhinaseRG096(1).jpg

日生漁港。最近は外国人の姿も多い。


午後、港の西側に細長く南北に伸びる家並みの中、続く路地を歩いてみた。
FWhinaseRG090(1).jpg


FWhinaseRG099(2).jpg


FWhinaseRG100(1).jpg


FWhinaseRG101(1).jpg

このあたりは日生の高級住宅地だろうか。
船主の邸宅らしき大きめの住宅が多い。


FWhinaseRG106(1).jpg


FWhinaseRG102(1).jpg


FWhinaseRG103(1).jpg


FWhinaseRG104(2).jpg


FWhinaseRG105(1).jpg


FWhinaseRG107(1).jpg



撮影:2015年3月 (※は2013年8月)
本文:2015年5月










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る