So-net無料ブログ作成

三崎 2014 [日本の町散歩(関東)]

三崎は、神奈川県三浦半島の南端に位置する漁業の町。とくに日本人の大好きなマグロの水揚げ基地として知られ、1950年代から60年代の黄金期には、全国のマグロ漁船の半数が三崎に水揚げしていたという。名実ともに遠洋漁業の中心地であり、当時は海の男たちが大挙して商店街や夜の街を闊歩したそうだ。
しかしその後、徐々に三崎の水揚げは落ち、現在の漁獲量は最盛期の4割程度にすぎない。街はすっかりさびれてしまった。商店は軒並みシャッターを下ろし、通りを歩いても出会うのは猫ばかり。だが、大海原に続く青い入り江と飛び交うカモメ、小高い丘に降り注ぐうららかな陽の光は、今も変わらない。
そして、あくびが出るくらいに静かなこの三崎の街を、ただのんびりと、気の向くままに歩く人が、いま少しずつ増えている。

FWmisakiRG073(1).jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FWR0040073(1).jpg

三崎の朝。向こうに見えるのは城ケ島。


FWmisakiRG046(1).jpg

店先に並ぶカブト(まぐろの頭)は三崎の風物詩のひとつ。


FWmisakiRG066(1).jpg

城ケ島へ渡る巨大な橋(1960年架橋)をバックに。


FWmisakiRG075(1).jpg


FWmisakiRG098(1).jpg

いかにも海の男の家といった風情。


FWmisakiRG095(1).jpg

三崎の街にも、ところどころに蔵が目立つ。


FWmisakiRG096(1).jpg


FWmisakiRG062(1).jpg


FWmisakiRG035(1).jpg


FWmisakiRG031(1).jpg


FWmisakiRG032(1).jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漁業の街というのはたいていそうだが、三崎もまた、街が寂れているにも関わらず、うらぶれたような陰鬱な感じがまったくしない。むしろ逆で、静かであればあるほど、海の青と、降り注ぐ太陽がまばゆいくらいに気持ちがいい。
三崎の場合はそれに加え、家並みにしても、人にしても、決して田舎町とは呼ばせないような、どこか垢抜けた雰囲気があって、野暮ったさがない点も特筆される。横浜、横須賀に近いことが、この地の人に独特の洗練を与え、開化的にしているのではないかとも思う。

FWmisakiRG054(1).jpg


FWmisakiRG048(1).jpg


FWmisakiRG010(2).jpg


FWmisakiRG012(1).jpg

カフェ「雀屋」は波止場の目の前という好立地。


FWmisakiRG088(2).jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三崎の波止場にて。

FWR0029347(2).jpg

波止場に造られた産直センター「うらり」。観光客向けのマーケットである。
なお、この「うらり」のある場所に、元は本物の魚市場があった。
いまは業務用魚市場はとなりの波止場に移転している。


FWR0029352(1).jpg

大型のマグロ漁船。


FWmisakiRG011(1).jpg

城ケ島へ渡る小さな渡船。
一度廃止されたが、復活し観光客向けに休日を中心に運行。


FWmisakiRG049(1).jpg


FWmisakiRG050(1).jpg

大型のマグロ漁船だけでなく、近海用の小ぶりな漁船も多い。


FWmisakiRG058(1).jpg


FWmisakiRG059(1).jpg


FWmisakiRG063(1).jpg


三崎の町もすぐ背後に小高い丘を持っており、その中腹から頂上にかけて、いくつかの寺がある。
これらを巡るのもまた、三崎の街歩きの楽しみである。

FWmisakiRG002(1).jpg


FWmisakiRG004(1).jpg

光念寺へのアプローチ。


FWmisakiRG067(1).jpg

光念寺へと続く階段。


FWmisakiRG068(1).jpg


FWmisakiRG070(1).jpg

光念寺境内にて。


FWmisakiRG071(1).jpg


FWmisakiRG072(1).jpg

光念寺と本瑞寺、二つの寺をつなぐ道は見晴らしが良い。


FWmisakiRG073(1).jpg


FWmisakiRG076(2).jpg

本瑞寺への階段。
映画「亀は意外と速く泳ぐ」でおなじみの「百段階段」である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三崎下町商店街の様子。
ご多分にもれずシャッター通りであるが、マグロ料理の食事処を始め、中華料理屋、駄菓子屋など、歩いてみると現役の店もチラホラある。

FWmisakiRG080(1).jpg


FWmisakiRG081(1).jpg


FWmisakiRG082(1).jpg


FWmisakiRG094(1).jpg


FWmisakiRG091(1).jpg

この理髪店はれっきとした現役ですよ。


FWmisakiRG079(1).jpg


FWR0029884(1).jpg


FWR0029885(1).jpg

波止場に面した広場。三崎港のバス停もあるここが、三崎の中心である。


FWR0029838(1).jpg

三崎の玄関口、「三崎港」バス停。青い屋根が印象的だ。


FWmisakiRG085(1).jpg

静かな三崎でも、ここだけは賑やかな魚屋「まるいち」。


FWmisakiRG087(1).jpg


FWR0029863(1).jpg

週末になると、マグロ料理を目当てに多くの観光客がやってくる三崎。
多くは波止場にある産直センター「うらり」を見て終わりだが、
街歩きを楽しもうとする人々も決して少なくない。


FWR0029346(1).jpg

三崎の華やかなりし頃を偲ばせる見事な看板建築も残る。



FWR0029859(1).jpg

だが、商店街の多くは店を閉ざしており、
せっかく散策にきた人々が途方に暮れている様子を良く目にする。


FWR0029344(1).jpg

それでも、また少しずつ店も増え、三崎に新しい風が吹き始めている。


FWR0029927(1).jpg


FWR0029948(1).jpg


FWR0029949(1).jpg

商店街に残る昔懐かしい駄菓子屋。
老夫婦二人で営んでおられるが、週末を中心になかなかの賑わいだ。


FWR0029952(1).jpg


FWmisakiRG077(1).jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FWmisakiRG099(1).jpg


FWmisakiRG013(1).jpg


FWmisakiRG015(1).jpg


FWmisakiRG019(2).jpg


FWmisakiRG016(1).jpg


FWmisakiRG037(2).jpg


FWmisakiRG038(1).jpg


FWmisakiRG041(1).jpg


FWmisakiRG042(1).jpg


FWmisakiRG044(1).jpg


FWmisakiRG005(2).jpg


FWmisakiRG100(1).jpg


FWmisakiRG103(1).jpg


FWmisakiRG104(1).jpg


FWmisakiRG106(1).jpg


FWmisakiRG107(1).jpg


FWmisakiRG108(1).jpg

三崎のもうひとつの入り江、北条湾。


FWmisakiRG109(1).jpg


FWmisakiRG110(1).jpg


FWmisakiRG111(1).jpg


FWmisakiRG113(1).jpg


FWmisakiRG114(1).jpg


FWmisakiRG115(1).jpg

三崎には何故か理髪店が多い。
そのどれもが、味のある店構えをしていて魅かれる。天神町にて。


拡大すると・・
FWmisakiRG115(2).jpg


FWmisakiRG116(1).jpg


FWmisakiRG117(1).jpg


FWmisakiRG118(2).jpg

この理髪店も素敵だ。北条湾近くにて。


FWmisakiRG119(1).jpg

湾側から見た様子。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FWR0029888(1).jpg

三崎港バス停。
休日の午後には長蛇の列ができることも。


FWR0029364(1).jpg

バス停の目の前に立つカフェ「雀家」ふたたび。


FWR0029365(1).jpg

「雀家」の二階からの眺め。向こうに見えるのは城ケ島である。


FWR0029393(1).jpg


FWR0029443(1).jpg

三崎下町商店街活性化の第一歩はこの「ミサキプレッソ」から始まった。


「ミサキプレッソ」は、商店街の空き店舗を利用して2010年にオープンしたカフェ。こじんまりした店だが雰囲気も良く、充実したイタリアンも頂ける。寂しかった三崎の町に、少しずつ今風のお店ができてゆく、その先駆けとなった店である。
上の写真の短パンの男性がオーナーの藤沢氏。三崎を中心に活動する愛らしい「かもめ児童合唱団」のプロデューサーとしても活動されている。

FWR0029444(1).jpg


FWR0029454(1).jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<三崎港バス停>
三崎には電車の駅はない。そのかわり、町の中心の広場の真ん中に、青い屋根が印象的なこのバス停がある。ここが三崎の表玄関であり、三崎口駅方面へは1時間に3~4本と一定の本数を確保。
週末は多くの人がバス待ちの列をなす。

FWR0029867(1).jpg


FWR0029869(1).jpg


FWR0029872(1).jpg


<三崎東岡バス停>
少し内陸に入ったところにある「三崎東岡」バス停は、三崎のもうひとつのターミナル。近くに京急バスの車庫が控え、いかにもバスターミナル然とした乗り場があり、ここを起終点とする便も多い。

FWR0040108(1).jpg



<三崎口駅>
最寄りの電車駅はここ、京急の終点、三崎口駅である。三崎へはここからさらにバスに乗り換える必要がある。もともと、油壺や三崎方面へ延長するための単なる途中駅として計画されていた為、駅前に大きな施設はなく、そのせいか、どことなく広々として開放的な駅前の雰囲気である。電車のこの先の延伸は、諸般の事情で実現していない。

FWR0029814(1).jpg


FWR0029822(1).jpg


FWR0029826(1).jpg



※三崎旅おすすめ その1※ 「みさきまぐろきっぷ」
三崎へワンデイトリップを楽しもうという方に是非お勧めしたいのが、京急電鉄が販売する「みさきまぐろきっぷ」。このきっぷには、次の4つの内容がセットになっている。
  「品川や横浜などから三崎口への電車往復券」
  「三崎周辺のバスの乗り放題券」
  「三崎周辺のまぐろ料理店20数店から選べるランチ券」
  「三崎周辺のレジャー施設から選べるアクティビティ無料券」(温泉、水族館、観光船等)
このきっぷのすごいところは、その圧倒的なコストパフォーマンス。品川から乗車する場合、上にあげたすべてがセットになって3,060円(2014年9月現在)。
普通に三崎口までの往復切符を買うと1860円にバスの単純往復で600円。まぐろランチはどこも1000円以上、下手すると2000円近くするので、この時点ですでに十分以上に元がとれているが、さらにアクティビティまで付く。まぐろ料理店やグル―プ外のレジャー施設にはきちんと還元しなければならないだろうから、京急がかなり自腹を切っている計算になるが、それでも三崎の活性化を応援したいという電鉄の意気込み(?)がビシビシ伝わる素晴らしい商品だと思う。


※三崎旅おすすめ その2※ 「京急バス 海35系統」
三崎へ公共交通機関で行く場合、通常は三崎口まで電車、そこから三崎港方面へのバスで20分程度というのが一般的である。しかし、本当のおすすめは、三崎口のひとつ手前、「三浦海岸」駅で降りて、そこ始発の「海35系統 三崎東岡ゆき」のバスに乗ること!
この路線は、三崎港まで50分程度と時間はかかるが、右に左に絶景が広がる、知る人ぞ知る景勝路線なのである。バスはときにきらめく海岸沿いや干潟の脇を走り、ときに高原のごとく雄大に広がる畑地をうねうねと走り、ときに小さな集落の民家の軒先スレスレをかすめて走る。
一時間に一本程度と、本数も少ないので、事前に調べて行く必要はあるが、三崎口からのバスが週末は渋滞で動かなくなることがあるのに比べ、こちらはメインルートから外れているので一部区間を除き渋滞とも無縁で、何とものんびり気分を味わえる。

撮影:2014年8月、9月 
本文:2015年3月

















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る