So-net無料ブログ作成
検索選択

大宇陀 2004 [日本の町散歩(近畿)]

大宇陀とは、どことなく遥けき響きのする、大和らしい地名であると思う。古代より「阿騎野」の名で呼ばれ、万葉のころには柿本人麻呂が「ひむがしの 野にかぎろひの 立つ見えて・・」と詠んだと伝えられる、大和でも山また山の向こうにある、そこは小さな盆地の町である。戦国以降は宇陀松山城が築かれ、江戸時代には街道沿いの城下町としても栄えたらしい。
宇田川に沿ったこの町には鉄道がない。大和盆地からは近鉄電車で山に分け入り、いくつも山越えをしたところにある榛原駅より、さらにバスで山道をたどり、ようやく到着となる。
私はかねてからこの地を訪ねてみたいと思っていたが、写真を再開した社会人3年目、バイクの免許を取ったのを契機に、念願であったこの山中の小さな城下町を訪ねてみた。

FWo-udaRG006(2).jpg



FWo-udaRG010(1).jpg


FWo-udaRG001(2).jpg

史跡ともなっている西門跡。


FWo-udaRG002(1).jpg

土蔵が多い


FWo-udaRG011(1).jpg


FWo-udaRG008(2).jpg


FWo-udaRG004(3).jpg


FWo-udaRG005(2).jpg


FWo-udaRG007(2).jpg


FWo-udaRG012(2).jpg


FWo-udaRG015(2).jpg


FWo-udaRG006(2).jpg


FWo-udaRG013(2).jpg


撮影 2004年8月
本文 2015年1月



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る