So-net無料ブログ作成

ビッグ・アイランド(ハワイ島) 2009 ~(2)ヒロ [ハワイ紀行/オーストラリア紀行]

ヒロは、ホノルルに次ぐハワイ第二の都市。約4万人が住み、もちろんハワイ島では最大の街である。その人種別構成内訳は、白人17.12%、アフリカン・アメリカン0.45%、先住民0.34%、アジア38.30%、太平洋諸島系13.12%、その他の人種0.94%、及び混血29.74%。
のっけから堅い話となったが、ヒロはアジア系移民の比率がハワイの他地域と比べても格段に高い街なのである。その多くは、かつてサトウキビ農園で働くためにやってきた、日本からの移民の子孫たち。市内のリリウオカラニ公園には今でも日本庭園があり、夏には盆踊り大会も開かれるという。

日系移民によって開発され栄え、当時の面影を色濃く残す街といわれるこのヒロの街に、私はのんびりするためにやってきた。

FWhiloRG082(1).jpg

Waianuenue Street, Hilo



FWhiloRG003(1).jpg


FWhiloRG002(1).jpg


FWhiloRG001(1).jpg

Keawe Street, Hilo


初めて訪れたヒロの街は、これは町ではなく映画撮影所のセットではないかといぶかしむほど、閑散としていた。古い建物が取り壊されて更地になっているところも多く、歯の抜けたようなむなしさが漂っていた。

FWhiloRG008(1).jpg


FWhiloRG009(1).jpg


だが、人がいないわけではなかった。よく見ると、家具屋の主人は、売り物のチェアに寝そべって、気持ちよさそうにうたた寝をしていた。そのはす向かいにある花屋は薄暗くて、営業しているのかどうかもわからないほどだったが、中で日系人らしき老婦人が二人、クスクスとおしゃべりしながらブーケをつくっていた。街の真ん中にあるKTAというスーパーは、半ば倉庫のような、古びてせせこましい、まさに日本の駅前スーパー。レジ台の女性は、来店客の全員と顔見知りのように話している。客が途切れると彼女は、聞こえるか聞こえないかの声で、鼻歌を歌っていた。

FWhiloRG019(1).jpg


FWhiloRG018(1).jpg

Keawe Street, Hilo


FWhiloRG022(1).jpg


FWhiloRG020(1).jpg


FWhiloRG025(1).jpg

Shipman Street, Hilo


一見、茫洋とした町に見えたヒロ。だが、よく耳を澄ますと、そこここから人々の息遣いが聞こえ、言いようのない懐かしさが、じんわりと溢れていた。それは西部劇の街のような、それでいて猛々しさがなく、やっぱり日本の海辺の田舎町のような、朴訥としたムードを感じることができた。

なお、KTAは、タニグチ・コーイチという日系人が創立した、ハワイ島ではもっとも信頼されているチェーンストアで、ここが一号店だという。二号店以降は、アメリカらしいメガトン級のスーパーらしい。ハワイ島は、まことに日系人の足跡に満ちた地である。

FWhiloRG085(1).jpg

KTA Supermarket, Hilo


FWhiloRG028(1).jpg

Kamehamea Avenue, Hilo


静かな町だった。一日に4~5回はざあざあと雨が降った。そのたびに町は、何の抵抗も見せず、ただ黙って洗い流されていた。雨がやむと、時折日が差して、少しだけ人が増えた。アスファルトがつややかに光り、すれ違う人同士のあいさつが、そこここから聞こえた。
そんなとき、町はかろうじて息づいているかのようだった。

FWhiloRG029(1).jpg

Dolphin Bay Hotel, Iliahi Street, Hilo


FWhiloRG010(1).jpg

Kilauea Avenue, Hilo


FWhiloRG062(1).jpg

Reeds Bay Park, Hilo


FWhiloRG081(1).jpg

Keawe Street, Hilo


FWhiloRG016(1).jpg

Kilauea Avenue, Hilo


FWhiloRG038(1).jpg


FWhiloRG035(1).jpg


FWhiloRG042(1).jpg

Hilo Post Ofiice, Hilo


FWhiloRG004(1).jpg


FWhiloRG006(1).jpg

Mooheau Bus Terminal


FWhiloRG086(2).jpg

Kamehameha Avenue, Hilo


FWhiloRG045(1).jpg


FWhiloRG048(1).jpg


FWhiloRG021(1).jpg

Kamehameha Avenue, Hilo



私が宿泊したホテルは、このヒロのダウンタウンから歩いて5分もかからない、ごくふつうの住宅街にあった。ダウンタウンと住宅街の間にはワイルクという川が流れていて、立派な石造りのアーチをもった橋がかかっていた。 橋から川を眺めると、そこはジャングルのど真ん中だと錯覚しそうなくらいだ。流れは渦を巻き、渓谷を深く刻み、そして伸び盛る緑に覆われていた。すぐ上流には滝があって、怒涛の水飛沫をあげ、虹をつくっているのが見える。しかも下流側を振り返れば、すぐそこに河口。川は渦巻く濁流のまま、大海原に注ぎ出ている。
こんな光景が、ダウンタウンのすぐ脇にあるのが、ハワイ第二の都市、ヒロなのだ。地球上のありとあらゆる自然の造作が、ここではぎゅっと凝縮されて、箱庭のように存在するかのようだ。

FWhiloRG037(1).jpg

Wailuku River, Hilo


FWhiloRG036(1).jpg

Wailuku River, Hilo



ドルフィン・ベイ・ホテル(Dolfin Bay Hotel)

FWR0014269(1).jpg


FWR0014248(1).jpg


FWR0014270(1).jpg


FWR0014273(1).jpg


FWR0014250(1).jpg


FWR0014278(1).jpg


FWR0014251(1).jpg


FWR0014253(1).jpg


夜になると、鳥や虫たちが総出で大合唱を繰り広げた。その騒々しさは、テレビも音楽ももはや聞こえないくらいだったが、だいいちそんなものは必要なかった。部屋には常に涼やかな風が吹き込んでくる。私は、毎晩、ビールを大量に買い込み、KTAで仕入れた刺身だのマリネだのを肴に、自分の部屋でひとり幸せなひとときを過ごした。
夜半すぎには、決まってまた雨が降った。雨が降ると自然界の大合唱は、一段とさかんになった。寂しさはこれっぽっちもない。私は、くる日もくる日も、永劫に続くとも思われるこのフルコーラスに身も心も委ねきって、満ち足りた思いで眠りに落ちた。

FWhiloRG090(1).jpg


FWhiloRG091(1).jpg

Shipman Street, Hilo



ふと、50年の昔にこの町に来たなら、どうだっただろうと思いを馳せた。ダウンタウンには人が闊歩し、街はもっと面目を保っていたに違いない。だが今、時代は移りゆき、街場らしい賑わいは去った。ハワイ島のプランテーションが駄目になり、車社会の到来がコミュニティの散逸に追い討ちをかけた。居住区がだだっ広く拡大するとともに、中心街からは人の姿が消えた。
多くの歴史ある建物が取り壊され、いまやまるで街は野に返るかのようでさえある。そのことを残念だと嘆くこともできるし、再生のための道を模索することもできよう。だが、人はその「自然」に逆らわず、今もささやかな社会を営んで、つつましく生活を送っている。


FWhiloRG074(1).jpg

Banyan Drive, Hilo


FWhiloRG067(2).jpg

Reeds Bay, Hilo


FWhiloRG063(1).jpg


FWhiloRG064(1).jpg


FWhiloRG066(1).jpg

Reeds Bay, Hilo



FWhiloRG049(2).jpg


FWhiloRG050(1).jpg



ヒロは日暮れて・・

FWhiloRG077(1).jpg

Hilo Bay


FWhiloRG092(1).jpg

Hilo Bay


FWR0014323(1).jpg

Suisan Seafood Market, Hilo



FWR0014373(1).jpg


FWR0014336(1).jpg

Haili Street, Hilo


FWR0014340(2).jpg


FWR0014382(1).jpg



おまけ。
ヒロでようやく見つけた、唯一まともな酒場が、ケアヴェ・ストリートのThe Emerald Tavern。
すこし狭いが、おすすめ。
FWR0014384(1).jpg

The Emerald Tavern, Keawe Street, Hilo


FWR0014386(1).jpg

Keawe Street, Hilo



つづきはこちら
  ビッグ・アイランド(ハワイ島) 2009 ~(3)ハマクア・コースト 
  →  http://club-carousel.blog.so-net.ne.jp/2013-05-18-1

撮影 2009年7月
本文 2009年7月(2013年5月補訂)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る