So-net無料ブログ作成

ウィーン 2011 [ヨーロッパの町紀行]

 大学生のころ、一度ウィーンを訪れたことがあった。ガイドブックが示す華やかな王族の都のイメージとは裏腹に、都市としての内実を完全に失ったかのような街のうつろな表情に、いたくがっかりしたことを覚えている。
 有名なリンク通りで囲まれた旧市街は、それはそれは美しいものであったが、そこでは殆ど人の生活というものが感じられなかった。みやげ物にしても、出し物にしても、古くさいものばかりで、現代の感覚に根ざすものは、ここからは何一つ生み出されていないように思えた。
 「この街は、あるいは博物館であって、生きた都市ではない」・・・そう思うしかなかった。
 ハプスブルクの栄華も、ワルツの夢も、世紀末の輝きも、すべてが遠い過去のものとなり、今はその搾りかすだけが残った、都市の屍(しかばね)。そのかすからは残り香さえも感じられず、滞在するだけで全身が倦んでくる街、それがウィーンであった。
 
 しかし今回、12年ぶりに訪れた二度目のウィーンでは、その時とは幾分違う、生き生きした様相を垣間見ることができた。それはちょうど、朽ち果てた倒木の老いた木肌から、新しい芽が吹き出すような有り様でもあった。

FWwienRG228(2).jpg




・・・・< 「ウィーン 2011」目次 >・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・「ウィーン 2011」 本編 
    → (そのまま下へ)
・「ウィーン 2011 その2」 ”グリンツィングとヒーツィング”
    → http://club-carousel.blog.so-net.ne.jp/2012-11-23 
・「ウィーン 2011 その3」 ”ウィーン郊外夕暮れ紀行~バーデンへ”
    → http://club-carousel.blog.so-net.ne.jp/2012-11-23-1 
・「ウィーン 2011 その4」 ”ウィーン車窓めぐり U6とウィーン郊外線 (おまけ:トラム好きの方へ)”
    → http://club-carousel.blog.so-net.ne.jp/2012-11-23-2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 実は今回、2月ということで、雪の降りしきるウィーンを期待していたのだが、残念ながら初日は雨。唇を噛みながら出かけたのだが、濡れそぼつウィーンはそれはそれで印象的であった。雨があがってもどんよりと雲に覆われた冬のウィーンは、すこしだけデモーニッシュな表情をして私を楽しませてくれた。

FWwienRG295(1).jpg


FWwienRG300(1).jpg


FWwienRG298(1).jpg


FWwienRG302(1).jpg


FWwienRG285(1).jpg



 ウィーン名物のひとつ、赤い路面電車は、ポルシェデザインの前衛的なシルバーの新型車両にだんだん主役の座を譲りつつある・・・と、記したのは12年前。年月が経った2011年現在、赤い路面電車はすっかり天然記念物的存在に・・・と思いきや、全然そんなことはない。相変わらず街のいたるところを走りまくっていて、今もやっぱりウィーンの主役なのである。12年前には2割くらいであった新型車両の割合が、今回は5割程度に増えているかな、くらいである。ウィーンの変化はじつにゆっくりしている。
 もっとも、ウィーンの路面電車はそれだけおびただしい車両数があるということでもあるが。

FWR0011195(1).jpg


FWR0011173(1).jpg


FWR0011179(1).jpg


雨の上がった街を歩く。

FWwienRG324(1).jpg


FWwienRG330(1).jpg


FWwienRG328(2).jpg


FWwienRG338(2).jpg


FWwienRG345(1).jpg


FWwienRG337(2).jpg


FWR0011215(1).jpg


FWR0011224(1).jpg


FWR0011226(1).jpg


FWR0011230(1).jpg


FWR0011689(1).jpg


少し町はずれへ・・

FWR0011689(1).jpg


FWwienRG143(1).jpg


FWwienRG428(1).jpg


FWwienRG429(1).jpg


FWwienRG433(1).jpg


再び中心街へ

FWwienRG201(1).jpg


夕暮れが近付くにつれ、ウィーンの街並みの美はにわかに増大する。

FWwienRG082(1).jpg


FWwienRG196(1).jpg


FWwienRG080(1).jpg


FWwienRG199(1).jpg


FWwienRG206(1).jpg


FWwienRG326(1).jpg


FWR0010906(1).jpg


FWwienRG209(1).jpg


FWwienRG204(1).jpg


FWwienRG205(1).jpg


FWwienRG216(1).jpg


FWwienRG218(1).jpg


FWwienRG202(1).jpg


FWwienRG104(2).jpg


FWwienRG101(1).jpg


FWwienRG105(1).jpg


FWwienRG108(1).jpg


FWwienRG110(1).jpg


FWwienRG115(1).jpg


FWwienRG117(1).jpg


FWwienRG228(2).jpg


FWwienRG095(2).jpg


FWwienRG124(2).jpg


FWwienRG221(1).jpg


夜のとばりがウィーンをやさしく包んでゆく。

FWR0010928(1).jpg


FWR0010938(1).jpg


FWR0010941(1).jpg


FWR0010944(1).jpg


FWR0011003(1).jpg


FWR0011015(1).jpg


FWwienRG252(1).jpg


FWwienRG226(1).jpg


FWwienRG250(1).jpg


FWwienRG247(1).jpg


FWR0011062(1).jpg


FWwienRG244(1).jpg


FWwienRG237(2).jpg


FWR0011073(1).jpg

旧市街に残る娼館「ジョセフィーヌ」のちょっとエッチな看板。
お店に入る勇気とお金はありませんでした。

FWR0011076(1).jpg


FWR0011077(1).jpg


FWR0011039(1).jpg


FWR0010947(1).jpg


FWR0010896(1).jpg


FWR0010894(1).jpg


FWwienRG264(1).jpg


FWwienRG265(1).jpg


さて、歩き疲れた私は、地下鉄に乗って、夜遅くまでやっているカフェ・シュペールへ。

FWR0010865(1).jpg


FWR0010873(1).jpg


FWR0011647(1).jpg


FWR0010962(1).jpg


FWR0011637(2).jpg


FWR0011639(2).jpg

地下鉄駅のトイレの入り口にあるコンドームの販売機。なぜここで売っているのか。

FWR0011119(1).jpg

地下鉄四号線の駅はどこもオットー・ヴァーグナーデザインが残る。

FWwienRG267(1).jpg


FWR0011146(1).jpg

店内は広く、静かで人々が思い思いに過ごしている。


FWR0011490(1).jpg

地下鉄駅(左)と、そのすぐわきに停まる市電。このシンプルな利便性を日本も見習ってほしい。


冬晴れのウィーン。

FWwienRG138(1).jpg


FWwienRG025(1).jpg


FWwienRG366(1).jpg


FWwienRG368(1).jpg


FWwienRG144(1).jpg


FWwienRG146(1).jpg


FWwienRG031(1).jpg


FWwienRG032(1).jpg


FWwienRG037(1).jpg


FWwienRG033(1).jpg


FWwienRG380(1).jpg


FWwienRG382(2).jpg


FWwienRG154(1).jpg

ウィーンの中心部の谷に沿って走っている地下鉄4号線。
何か、神田川の谷にかかる御茶の水の橋の上からJR中央線を見るのに似ている。

FWwienRG164(1).jpg


FWwienRG165(1).jpg


FWwienRG173(1).jpg


FWwienRG383(1).jpg


FWwienRG044(1).jpg



ウィーン 目抜き通りの午後

旧市街のケルントナー通りは年配の人が多い。

FWwienRG317(1).jpg


FWwienRG318(3).jpg


FWwienRG320(2).jpg


リンクの外のマリアヒルファー通りは、若者も多い。

FWwienRG388(2).jpg


FWwienRG390(1).jpg


FWwienRG394(1).jpg


FWwienRG399(1).jpg


FWwienRG398(1).jpg


FWwienRG416(1).jpg


FWwienRG402(1).jpg


FWwienRG409(1).jpg



気持ちのいい滞在でした。

FWwienRG073(1).jpg



※ウィーンのホテル

今回私が宿泊したウィーンのホテルが、実によいホテルであった。
西駅の近くに位置する「Boutique Hotel Stadthalle」。
大きなホテルではなく、普通のアパートメントを一部改造しただけのいわゆるプチホテルの部類だが、現代ウィーンのアート感覚溢れる洒落たホテルであり、それ以上にスタッフのフレンドリーさが印象に残るホテルだった。

FWR0011500(1).jpg


FWR0010831(1).jpg


FWR0010834(1).jpg


FWR0011502(1).jpg


FWR0011506(1).jpg

レセプションのドーラ嬢は、今回の旅行で見かけたあらゆるウィーン美女にも増して、チャーミングだった。。


このボリュームとクオリティの朝食バイキングがまた無料・・・

FWR0011170(1).jpg


FWR0011169(1).jpg

  

運が良かったのか何なのか、キャンセル不可の限定特別割引価格が設定されており、一泊50ユーロもしない激安価格で滞在できた。

FWR0011160(1).jpg


歩いてすぐのところに市電49番の停留所があるのもポイントが高い。
旅行前は、旧市街のホテルにこだわって探した時期があったが、かえって西駅周辺等の生活臭あふれる周辺地域に宿をとって正解。毎日地元民に混じって市電に揺られ、旧市街に通うのがとても楽しかった。




撮影 2011年2月9日~13日
本文 2011年6月


































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る