So-net無料ブログ作成
検索選択

郡上八幡 2007 [日本の町散歩(中部)]

郡上八幡は、日本の宝である。

渓流に沿って谷間に開けたこの小さな城下町の隅々にまで、古き良き日本の美しい生活意識がいまも息づいている。
町の中心にある橋の上から渓流に飛び込む猛者どもが時々TV等でも紹介されることから、ご存じの方も少なくないだろう。

この小さな町に、400年続く真夏の伝統行事がある。三日三晩、夜を徹して民衆が踊り続ける「郡上踊り」である。この徹夜の盆踊りに、なんと毎年25万人が参加するという。

どうにも信じられなくて、ある夏、私も行ってみた。
以下は、そこで出会ったこの清々しい町の風景たちである。

FWgujyohachimanRG013(1).jpg


FWgujyohachimanRG021(2).jpg

郡上の朝は、掃除から始まる。祭りの朝でも、それはなにも変わらない。


FWgujyohachimanRG024(1).jpg


FWgujyohachimanRG025(1).jpg

町のいたるところで、こんこんと清流が湧き出し、町のあちこちを音を立てて流れている。


FWgujyohachimanRG032(1).jpg


FWgujyohachimanRG022(2).jpg

ささやかな花篭が、家々の門戸を飾る。そして、どの家の玄関も、開け放たれている。


FWgujyohachimanRG033(1).jpg

ときどき、それは造花のこともある。
それらはしかし、なんと何気ない風情をたたえていることか。


FWgujyohachimanRG046(1).jpg


FWgujyohachimanRG049(1).jpg



FWgujyohachimanRG037(1).jpg

今日から、お祭り。


FWgujyohachimanRG064(1).jpg



FWgujyohachimanRG052(1).jpg


FWgujyohachimanRG048(2).jpg


吉田川にかかる橋の上では・・・ほらほら、やってる!
若者だけではなく、ときには女の子やオッサンも飛ぶ。
橋の真下では川はかなり深いようで、みな浮かび上がってくるまでに結構時間がかかる。
しかも、周辺は結構な岩場でもあるけれど、おもてだった規制は何もない。

FWgujyohachimanRG059(1).jpg


FWgujyohachimanRG051(1).jpg


FWgujyohachimanRG062(1).jpg


FWgujyohachimanRG012(1).jpg

少し離れた橋では、地元の高校生達が大の字になって寝そべっていた。
何度も飛び込んで、さすがに疲れたようだ。


FWgujyohachimanRG006(1).jpg


FWgujyohachimanRG003(1).jpg


FWgujyohachimanRG014(1).jpg




いよいよ、祭りの夜が来た。

だが、残念ながら今回は踊りの写真はない。
私自身、ぶっ倒れる寸前まで踊り狂ってしまったからだ。

夜の谷あいに響き渡る太鼓、笛、高鳴るお囃子。
十曲ある伝統の「郡上節」が繰り返し繰り返しメドレーで演奏され、町の中心部の通りはすべて、踊る人々で埋め尽くされる。

見物だけのつもりでやってきた大勢の観光客も、いつしか踊り出す。踊りはそう難しくない。何度も見ているうちに覚える。
夜2時を過ぎるころには、もう見物している人等ほとんどいない。だれもかれもが、楽しくて楽しくて、踊り出さざるを得ないのだ。
 
本当に、朝まで踊る郡上の夏。

家族が出来たら、いっしょに踊りに来たいものだ。
踊りの写真は、そのときまでお預けである。

FWgujyohachimanRG063(1).jpg



撮影 2007年8月
本文 2010年1月

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る